※ドメイン指定受信をされている方は「mero.jp」を追加してからご利用ください。
ダウンロードランキング KING
二本松はじめ 1  位
二本松はじめ
はらぺこあおむし
大黒摩季 2  位
大黒摩季
DA・KA・RA
ノーランズ 3  位
ノーランズ
世界でいちばん熱い夏
大黒摩季 4  位
大黒摩季
夏が来る
光田健一 5  位
光田健一
Oceanus〜オケアノス 海の守り神(Instrumental)

光田健一


日本では稀少の世界最大フルコン''Fazioli F308''の高貴で懐かしい音律。心の安らぎと音楽の驚きを、今、日本中に、ささやかに、届けられたら…。
ノーフォークの風
渚のメヌエット
バガデル・ハンガリアン
雪原のミラージュ
いにしえびと
Train Your Brain
HOME〜大切なもの
ムーネディア
月面歩行の歌
フォボスとダイモス
キミと月を見ていた
The Piano Beat!!
やさしい祈り
カゼカヲル
宝物
ピアノ三重奏のための小組曲「仮眠のすすめ」1984
The Age Of Reason(Instrumental)
この曲は、無機的でもあり有機的でもある…そんな音の積み重なり。
君の育った街へ
電車の窓を開けて、心地良い風を浴びる…なんてことは、都会では無理です。遠足気分で気分爽快!緑の森に弦楽器。これがなんともベストマッチですね。
サラダ・デイズ(A Piece On Salad Days 1983 Instrumental)
青々としておいしそうな生野菜。これを人間に例えたら、心身共に未成熟なニキビ時代とでも言いますか。Salad Days=青臭い時代。
Early Bird
ミュージシャンは深夜営業が多い。でも、歳を重ねて、僕もいよいよ早寝早起きの方が効率が良くなってきました。弦楽器のせわしさが面白い。
出逢い
青空いっぱいの日曜の午後。あるニュータウン(新興住宅地)のきれいな街並み。そんな風景を思い浮かべては、何故か僕は胸がキュンとせつなくなります。どういった体験からそういう心の連鎖反応が起きるのか、不思議です。そして出来たのがこの曲です。
A Dancer Unknown〜見知らぬ国で(Instrumental)
ヨーロッパのとある街で、その女は独り踊っていた。どんな過去も、どんな哀しみも、全て掻き消すかのように一心に舞う躰。細長い腕の向こうに映る残像。何かがあって、誰かがいた。それが何なのか、誰なのか、気に留める者も無い。時を超え、想いを絶ち、いつまでも踊る。その軽やかに動くステップの、響く音は重苦しい。
愛に気付いた時
バイオリンのもの悲しい旋律。心音のように静かに響くチェロのピチカート。時の流れを刻むピアノ。めくるめく展開される昼メロのようなドラマチックな世界。30040代主婦向けイントロです。愛とは、自然で清く美しい場所にこそ宿り、ふさわしく輝くものかもしれませんな。
Oceanus〜オケアノス 海の守り神(Instrumental)
こんな雰囲気の楽曲が欲しいな…とふと思い、レコーディングの直前によっこらせのせと作った曲です。雄大で透明で、僕たち三人の顔がキラキラと水面に踊っているようです。素敵です。全く自画自賛ですいません。ギリシャ神話の水の神の一人、オケアノスさんにスポットを当ててみました。
秩父にて
これは前の曲とは逆に、レコーディングの最終日の前の深夜に、突然出来た曲です。秩父の山に泊まり込みでしたので、これはきっと山の神が創らせた楽曲と思い、急遽収録に至りました。
ピアノ三重奏のための小組曲「仮眠のすすめ」1984
高校生の頃、マリンバとピアノのために作った曲を、ピアノ三重奏として蘇らせました。授業中ふと居眠りして何だか変な夢を見る時、「ああ、こういったうたた寝は、人生必要だな」と確信して出来た曲です。
切手のないおくりもの
NHK「みんなのうた」のために、チューリップの財津和夫さんが作った曲。素晴らしい曲は意外にシンプルな作りで、心にストレートに伝わってきます。僕のライブではお馴染みの一曲です。
Quiet Life,Quiet Days(Instrumental)
"ボサノバ風のビート感の上に、三つの楽器が淡々と絡んでゆく。静かなリズムは静かな時間。穏やかな日々、穏やかな人生。しかし、ある時何かのきっかけで、人生は展開してゆく。チェロのソロが""人生、山あり谷あり""と歌う。そして、やがて訪れる優しい日々。"
こんにちは さようなら
小学校の卒業式で、この曲のテーマを心に浮かべ、中学校の卒業式で、ほのかにメロディーを浮かべました。高校の卒業式は…出てません。入試がありまして。ずっと思い出の中であたためていた曲。光田健一風の童謡です。
夢伝説
六年の間共に演奏し、後にバンドに在籍して公私共々お世話になったスタレビ。中でも大好きだったこの曲が、ある時ふと車の中で鼻歌で出てきた。これは僕は演奏したいんだな、と思って収録しました。たくさんの想い出の詰まった大切な曲です。
ブルー
"平成の美空ひばりと言っても決して過言ではない素晴らしい歌手、渡辺真知子さんの作った、スタンダードな名曲。この曲は特に""いのち""を持った素敵な音楽です。しかし、この歌を10代で作られたというのも、スゴイですね。"
瑠璃色の地球
この曲が歌われていた頃よりも、今は世界が混乱している。この歌は、ふと教えてくれます。私たちはどんなに憎み合ったり、争ったりしても、同じ場所(地球という)に棲んでいるんですよね。
※非対応機種はダウンロードできません。


オススメ!!
前川 陽子
アルケミスト